So-net無料ブログ作成
検索選択

Applause Studio New Year Jazz Live 菅原高志カルテット featuring 西田麻美 [LIVE]

Applause Studio New Year Jazz Live 菅原高志カルテット featuring 西田麻美

今年一発目のApplause Studioジャズライブです!
きっと縁起がいい音楽(?)を演ってくれると思いますよー!

平成27年1月18日(日曜日)
開場 17:30
開演 18:30
料金 3500円(1ドリンク付)
協力 M&M Company

<出演>
菅原高志(drum)
西田麻美(vocal)
菊池太光(piano)
織原良次(bass)

2015_1_18_菅原カルテットFB用(表).jpg

2015_1_18_菅原カルテットFB用(裏).jpg


菅原 高志(Drum)

1976年5月5日福岡県生まれ。二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し
活躍している。山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)
村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts) 中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)
Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、
高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。2003年多田誠司(sax)氏の
ツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ
「Cachaca」にてNat Reeves(bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。


西田麻美(Vocal)

福岡県久留米市生まれ。4歳よりクラシックピアノを始める。高校時代より本格的に声楽を学び、高校卒業後、上京。
昭和音楽大学音楽学部声楽学科に入学。卒業時には大学より推薦を受け、読売新人演奏会に出演。
その後、(財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部の研究生として、二年間本格的にオペラを学ぶ。
修了時には、藤原歌劇団新人演奏会に選抜され出演。これをきっかけに、藤原歌劇団に推薦入団。メゾ・ソプラノ/アルト
歌手として活動.その後帰福し、ホテルやラウンジなどでピアノ弾き語りを始める。この頃ジャズと出会い、その即興的で
自由な表現に感動し、独学でジャズを学び、福岡久留米を中心にライブハウスやイベント等でジャズを歌い始める。
‘97年バークリー音楽大学(アメリカボストン)の奨学金オーディションを受け、奨学金を取得。
‘98年渡米。同大学に奨学生として入学し、Donna McElroy、Lisa Thorson、 Kevin Mahogany、Gabrielle Goodman、
Bob Stoloff氏などに師事。ジャズボーカル、スキャット、ステージパフォーマンス、ボーカルスピリチュアルを学ぶ。
さらに、ゴスペルをDennis Montgomeryに師事し、在学中よりクワイヤーとして、教会で歌ったりイベント等に参加。
また、この時期、ボストン及びその近郊において、イベントへの出演や、ジャズバーやクラブ等でセッションに参加。
‘01年12月、バークリー音楽大学を卒業。卒業後もボストン及びその近郊で演奏活動を続ける。
’02年帰国後は、ライブやイベントでの演奏活動に加え、ボーカルスクールを主宰。
‘01年7月、1stアルバム「Expressions of Love」をリリース(ボストン録音)。
‘02年5月、2ndアルバム「Soul Power」をリリース(ケンブリッジ録音)。
‘05年8月、3rdアルバム「MY SOUL」をリリース(福岡録音)。
‘06年5月、第7回神戸ジャズボーカルクイーンコンテストにてグランプリを受賞。
‘06年9月、アメリカシアトルのジャズライブハウス「Jazz Alley」にてライブを行う。
‘07年4月、アメリカシアトルにて、イベントに出演。
ジョージ川口(ds)、北村英二(cl)、世良譲(p)、水橋孝(b)、鈴木良雄(b)、野力奏一(p)、セシル・モンロー(ds)、
鈴木良雄(b)リーダーのユニット “ Bass Talk “ (p:野力奏一、flt:井上信平、perc: 岡部洋一) 、藤原清登(b)、中村誠一(ts)、
吉岡秀晃(p)をはじめ、数々のミュージシャンと共演する。


菊地太光(Piano)

1985年生まれ。小学からクラシックピアノを習いはじめ高校まで続ける。
高校2年のおわりに友人から勧められて聴いたオスカーピーターソンのCDに感動し、ジャズピアニストを志す。
現在は岡崎好朗カルテット、西川直人トリオ、自己のトリオ、その他多くのセッションで活動中。
これまでの主な共演者は、岡崎好朗、山口真文、川嶋哲郎、多田誠司、中村健吾、楠井五月、原大力、菅原高志、西川直人、等。


織原良次(Bass)

フレットレスベース奏者 1980年生まれ 埼玉県入間郡三芳町出身
大学時代からフレットレスベースに専念。2010年からBGA(BackGroundAmbient)『透明な家具』を主催。
2003年に山田里香(vo)、小池龍平(gt,vo a.k.a.bonito、Hands of Creation)とブラジル音楽を独自の解釈で演奏する『Bophana』を
結成、2007年メジャーデビュー。同時期、ジャズベーシスト鈴木勲『OMAsound』への参加でジャズシーンに頭角を現す。
2000年から参加する橋爪亮督(ts)GroupでCDを3枚リリース。クリエイティブ・ジャズ・シーンの最左翼に踊り出る。
フルート奏者太田朱美のRiskfactorに参加。eweから水谷浩章(b)プロデュース『RiskFactor』をリリース。
遠藤律子FRV!にて2009年南米(ボリビア、ペルー、ベネズエラ、パラグアイ)ツアー、2010年には米モンタレー・ジャズ・フェスティバル、
ペルーで演奏。
現在、けもの、畠山美由紀、アン・サリー、植田章敬BAND(from岡山)、橋爪亮督Group、林正樹/間を奏でる、太田朱美/Riskfactor、
野本晴美トリオ、小松伸之/gravity、松尾由堂/ボナンザ、坪口昌恭/東京ザヴィヌルバッハ人力Specialなどに参加、共演。
2015年、新バンド’miD’始動予定。
メンバー/織原良次(fretless bass)/市野元彦(gt)/本田珠也(ds)      

(当日の様子)
菅原ライブ.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽