So-net無料ブログ作成
検索選択

菅原高志カルテット JAZZ LIVE at Applause Studio [LIVE]

菅原高志カルテット JAZZ LIVE at Applause Studio

2014年 2月5日(水曜日)

出演者:菅原高志(ドラム)
    原川誠司(アルトサックス)
    金森基 (ベース)
    斉藤京子(ピアノ)

開 場:午後7時  開 演:午後7時半
料 金:2,500円(1ドリンク付)※超お得!!
会 場:アプローズ・スタジオ 
   久留米市東町40-15 森川ビル5F
予約・問い合わせ:森川酒店 
   Tel : 0942-32-7016
協賛 :武藤クリニック
協力: M&M Company[トレードマーク]

2014_2_5_菅原カルテットライブ(FB用).jpg

2014_2_5_菅原カルテットライブ(裏FB).jpg


菅原高志(Drum)

1976年5月5日福岡県生まれ。二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts) 中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。


原川誠司(Alto Saxophone)

熊本市出身。
15歳の時saxを始め、大学卒業後に演奏活動を開始。地元の
ジャズクラブに出演する。
2005年に渡米、ニューヨークに移る。
以後、Benny Powell(Tb), Jackie Williams(Dr), Jimmy Wormworth (Dr), James Zoller(Tp), Fukushi Tainaka(Dr)らと共演、
またIridium, Kitano, Garage, Cleopatra's Needle, Miles' Cafe 等のジャズクラブで演奏する。
2010年の秋に帰国、これからは東京を拠点に演奏活動を行う。


金森基(Bass)

1983年生まれ、京都府出身。
ピアニストの母を持ち、幼少時から音楽に慣れ親しむ。
高校時代にアメリカ合衆国に留学。
現地の高校Las Lomas High Schoolに通い、様々な音楽に触れる。
同校で知り合ったBassist John Gilesの影響でベースを始める。
また、吹奏楽部に所属しホルンを担当する。
様々な音楽的経験を積み、帰国後2003年に国立群馬大学に入学。
ジャズ研に入ったのをきっかけにコントラバスへ転向しジャズベーシストとして活動を始める。
2007年3月に群馬大学を卒業し、上京。2007年4月に東京工業大学大学院に入学。
2009年3月に同校を優秀な成績で卒業するが在学中より素晴らしい仲間に恵まれ音楽に魅了されジャズベーシストを志す。 また、在学中より演奏活動を積極的に行い演奏経験を積む。
力強いビート感と唄心に定評がある。現在は首都圏を中心に自己のトリオ、様々なユニットで勢力的に活動中。


斉藤京子(Piano)

三歳より音感教育、四歳よりクラシックピアノを学ぶ。福岡女子大学で英文学を専攻しつつ、福岡市内のレストラン、ホテルで演奏をする。結婚後自宅でピアノを教えながらジャズを習得し、現在は福岡、佐賀を中心にライヴ活動を続ける。

(当日の様子)
2014_2_5_sugawara.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。